お気に入りともっと一緒に

ファスナー修理の情報が満載!

このサイトでは壊れてしまったファスナーの修理について紹介していきたいと思います。
お気に入りの洋服や大切な思い出の詰まったポーチやバッグ、まだ新しく使えると思っていたのに開閉部分だけが壊れてしまってもったいないと思いつつも捨ててしまった。
そんな残念な経験はありませんか?手放してしまう前に、完璧に元通りとまではいかなくてもお気に入りの物がもう一度使えるように手直ししてみるのも良いのではないでしょうか?

ファスナーのスライダーを自分で修理する

ファスナーのスライダーを自分で修理する 一番安くて簡単な方法は自分で修理することです。
次に紹介する修理方法は大きめのファスナー限定です。
ベビー服や女性用のスカートなどについている繊細な作りのファスナーは対応できないため注意してください。
まず最初にすることは、壊れてしまったファスナーのスライダー部分を取り外す事です。
取り外すためにファスナーの端の目立たない場所をほんの少し切り込みを入れます。
歯と歯の隙間のような部分です。
切り込みを入れた場所からスライダーを抜き取ります。
その穴をよく見て同じくらいの大きさのものを用意します。
百円ショップや自分の古い持ち物をチェックしてみると良いです。
次に切り込みからスライダーを押し込むようにして入れます。
この時、左右のずれが無いように気を付けてください。
最後に切り込みを縫います。
これで一番お手軽な修理は出来上がりです。

ファスナーのスライダーが外れたら修理を依頼しましょう!

ファスナーのスライダーが外れたら修理を依頼しましょう! 皆さんはファスナーのスライダーが外れてしまった経験はありませんか? 外れてしまったらファスナーを閉めるのに手間がかかりますし、たとえスライダーが外れたとしてもだましだましで使うことはできますが、何度も外れたり、紛失したりすることも多くあります。
急いでいる際に誤って外してなくしたりすることも多くあるので不便ですし、何よりフラストレーションがたまって、普段の生活にまで悪影響が出てきてしまいます。
かといってファスナーを自分で修理するのは、かばんが高級だったりすると気が引けてしまいますし、別の部分を壊してしまうかもしれないので怖いですよね。
そんな時はいっそのこと思い切って修理を依頼しましょう。
お店に依頼すれば壊してしまうといった心配はないですし、お気に入りのかばんにあった物を選ぶこともできます。
今までの外れたスライダーを使い続ける不便さを考えるといっそのこと思い切って修繕に出してしまうと、今までの不便さが嘘のように生活が快適になります。
普段の生活で頻繁に開け閉めする場所でもあり、使い込むことによる劣化は仕方のないことなので、こわれてしまった部品は修理して、今までのかばんの苦労をねぎらってあげましょう。

ファスナー修理の情報を集めよう

ファスナー 修理


Copyright © 2021 お気に入りともっと一緒に all rights reserved.